エアコン工事を行う際に気をつけたいポイントは

  • エアコン工事とはどのようなものか

    • 今では一般家庭やアパートなどに当たり前の様についているエアコンですが、買う際にエアコンを購入した電気屋さんで工事の日取りを決めて取り付けてもらうという事は誰でも知っているかとは思いますが、工事の内容についてはあまり知らないと思います。

      エアコン工事情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

      ちなみに、エアコンの取り付け工事を電気屋さんでついでにお願いする場合ですが、個人で営業されてる電気屋さんでは電気屋さんの店主自ら取り付け工事に来る事が多いですが、大きな家電量販店で購入、取り付けの依頼をした場合には、家電量販店の社員が直接取り付けに行くことよりも、下請けの業者の方が取り付けに来る事が多いです。



      そのあたりの経営事情は別の話なので、実際のエアコン工事の内容ですが、エアコンには部屋の中で風を出してる室内機と、屋外でガスを圧縮している室外機があり、部屋のどこの部分に取り付けたいか業者に説明すれば、室内機、室外機共に取り付け可能であればすぐさま工事にかかってくれます。



      基本的には室内機を取り付けるための鉄板を壁にネジで止めて、室内機に溜まった水を外に出すホースとクーラーの冷却用のガスが流れる銅管と、室内機と室外機の電気配線をお互いにつなげるための穴を壁に開けて、隙間風が通らないように開けた穴と通した物の隙間を粘土の様なパテと言われる物で埋めて、室内機のコンセントをつなげる為の工事が必要であれば電線を近くのコンセントから延長したり、使われていないブレーカーから電線を延長してコンセントを差せる様にする工事も行います。


      これがエアコン工事の基本的な概要で、エアコン工事にかかる時間は大体一時間から三時間程度、料金についてはまちまちなので、購入する際にきちんと確認する事をお勧めします。

top