エアコン工事を行う際に気をつけたいポイントは

  • セパレートエアコン工事の注意点

    • エアコンの取り付け工事ではセパレート型と窓用では注意する点が異なります。


      一般的に多く行われているセパレートエアコン工事では設置場所が性能を大きく左右するので、部屋の形や使用者のニーズに応える形で設置場所を選ぶことが必要になります。

      エアコン工事では専用の電気配線が必要になりますので、戸建ての場合にはエアコン用のコンセントがあるかどうかによっても工事に要する時間も大きく変わってきます。

      エアコン工事関連情報サイトです。

      無い場合には新たにコンセントを設置しなければなりません。今では新しい戸建て住宅ではエアコンの設置場所を希望する場所にはあらかじめコンセントを設置してある場合が多いです。
      集合住宅でも新しいマンションやアパートには専用のコンセントが取り付けられていることが多くなっています。

      エアコン工事で気を付けることは室内機でも設置の仕方が不十分だと水滴が落ちてくる場合があります。



      室内機は室内の空気を吸い込んで熱交換器を通して冷たい空気を吹き出すようになっています。



      室内機の右側には熱交換器で発生した水分を流すためのドレインが付いています。
      今のエアコンは自然に水が右側に流れるように作られていますが、エアコン工事の時に少しでも左側が下がってしまうと自然の流れがうまく機能しなくなって溢れることによって水滴が垂れてきてしまいことがあります。

      室内機の取り付けでは注意しなければならない点です。
      室外機の取り付け場所も一日中を通して陽が当たる場所は避けなければなりません。特に冷暖房のエアコンの場合には冬の風が当たる方向も考慮しなければ効率の良い運転ができなくなってしまいます。
      室外機を置く時にも注意すことがあります。

      地面に直接置くことは避けて、ブロックを置いて水撥ねを防止することも必要になってきます。できれば配管はむき出しではなく保護パイプを使用しておくと、気温の変化の影響を受けることも無く外観が綺麗な仕上がりになります。


top